ガールスカウトが大切にしていること

やくそくとおきて

 

ガールスカウトでは「やくそくとおきて」のもと、「活動の3つのポイント」を大切にしながら、自分たちでやりたいことを見つけ、計画を立て実行することで「いろいろなことができる自分」の可能性を広げていきます。


活動の3つのポイント

「自己開発」「人とのまじわり」「自然とともに」を教育のポイントとして活動に取り組み、少女たちの実行力、コミニュケーション能力、責任感を身につけます。

自己開発

自分の可能性を発見し、「主体的に生きる」ことを身につけます。

人とのまじわり

さまざまな人々とともに行動し、互いを尊重する心を育てます。

自然とともに

自然との調和を学び、豊かな感性を養います。



部門と育成目標

少女の発達段階に合わせ、年齢別に様々なプログラムを提供しています。

テンダーフット

(就学1年前)

豊かな感性を持つ

さまざまな年代の人とともに活動し、自然の中で五感を使った体験を楽しみ、感性を育みます。

ブラウニー

(小学1年~3年)

自分を表現する

友だちとともに今までより少し難しいことを体験して、「自分にできること」を増やします。

ジュニア

(小学4年~6年)

仲間と協力する

集団で活動することから、仲間と協力することの楽しさや大切さを学び、思いやりの心をはぐくんでいきます。

シニア

(中学1年~3年)

体験をとおして自分を見出す

自分で考え、目標をたて。それに向かって努力する過程を大切に積み重ねていきます。

レンジャー

(高校生相当年齢)

創造的な生き方を

目指す

ガールスカウトの仲間や、地域の人とともに活動します。一人の世界市民として自ら考え、行動していきます。